訴訟の流れ

訴訟の流れについて

第1審手続き

受任    
- 1か月程度
訴状を裁判所へ提出    
- 1か月から1.5か月程度
第1回期日    
- 1か月から1.5か月程度
この間に、被告が反論を記載した書面を提出
第2回期日    
- 第3回から第6回期日(事件によって回数は異なります)
各期日は1か月から1.5か月程度ごと。
この間に、原告、被告双方が、主張、反論を記載した書面、証拠(書証)の提出を繰り返し、争点を整理。
第6回期日   (例として6回目で争点整理が終了した場合)
争点整理終了。
証人尋問等を行う証人等の決定
   
- 2か月程度
この間に、和解の試みがなされることも多い。
証人尋問、当事者尋問期日    
- 1か月から1.5か月程度
この間、尋問を踏まえた補充の主張や、これまでの審理全般を踏まえ、主張を整理した書面を提出するなど。和解の試みがなされることも多い。
審理終了、結審    
- 2か月程度
この間に、和解の試みがなされることも多い。
判決    

第2審(控訴審)手続き

第1審判決    
- 2週間以内
控訴状提出    
- 50日以内に控訴の理由を詳しく記載した控訴理由書を作成
控訴理由書提出    
- 1か月程度
控訴理由書に対する反論を記載した控訴答弁書を作成
控訴答弁書提出    
- 1か月以内程度
控訴審第1回期日    
1回の期日で審理終了、結審となることも多い。必要があれば、2回目、3回目の期日が1か月から1.5か月程度ごとに入る。    
- 審理終了、結審から2か月程度
この間に、和解の試みがなされることも多い。
控訴審判決    
控訴審判決に不服があれば、さらに上告することも法律上は可能。上告審の手続きについては説明省略。    

所在地

車でお越しの方
高知県庁から南へ約220m、周辺の有料駐車場をご利用ください
バスでお越しの方
高知県交通、土佐電鉄ともにバス停「県庁前」下車、南へ約100m
路面電車でお越しの方
土佐電鉄の電停「県庁前」下車、南へ約100m
詳細ページへ