弁護士プロフィール

稲田 知江子

経歴

昭和47年(1972年)12月 誕生
平成3年(1991年)3月 千葉県立千葉高等学校普通科卒業
平成3年(1991年)4月 一橋大学法学部入学
平成6年(1994年)10月 司法試験合格
平成7年(1995年)3月 一橋大学法学部卒業
平成7年(1995年)4月から
平成9年(1997年)3月まで
司法修習生
平成9年(1997年)4月 弁護士登録 現在に至る
平成10年(1998年)10月 高知県公文書開示審査会委員 現在に至る
平成15年(2003年) 高知県収用委員会委員 現在に至る
平成15年(2003年)8月 高知県個人情報保護制度委員会委員 現在に至る
平成16年(2004年)6月 高知県都市計画審議会委員 現在に至る
平成20年(2008年)4月から
平成22年(2010年)3月まで
高知弁護士会副会長
平成21年(2009年)4月 高知県事業審査アドバイザー
平成23年(2011年) 国有財産四国地方審議会委員 現在に至る
高知県人権尊重の社会づくり協議会委員 現在に至る
高知地方労働審議会委員 現在に至る
高知紛争調整委員会委員(平成25年4月より会長就任) 現在に至る
平成26年(2014年)4月から
平成27年(2015年)3月まで
高知弁護士会会長
日本弁護士連合会理事
四国弁護士会連合会理事
平成27年(2015年)4月 日本弁護士連合会会長特別補佐 現在に至る
四国弁護士連合会常務理事 現在に至る
(平成27年4月現在)

取扱事件

私の取扱事件としては、離婚事件が大変多いです。離婚の成否、財産分与、養育費等の問題がありますが、最近では、子の親権をめぐって深刻な奪い合いになるケースを扱うことが増えています。親権を確保するにはどうしたらよいのか、親権者になれなかったとしても、大切なお子さんとの絆を保っていくにはどうしたらよいのか、依頼者の方と一緒に考えていきます。
また、刑事や少年事件なども多く扱っています。特に否認事件では、捜査の早い段階で、弁護士が適切なアドバイスをすることが大変重要だと考えています。日本は有罪率が高く、身体拘束を容易にされてしまうところがあり、「人質司法」などと呼ばれています。その状況を少しでも打破したいと思っています。
その他、相続・労働案件も多く扱っています。パワーハラスメントやセクシャルハラスメントの問題については、出張講演も可能です。

趣味

長年続けている英会話と、JAZZ鑑賞、下手の横好きのアルトサックスです。サックスは、日頃締切に追われる仕事の中で、のんびりと自分のペースで上達できればいいか、と思って始めたのですが、上達しないままあっという間に時間だけが経ってしまっています。やはり何事も、一定の時期、集中して練習をしなければダメなようです。英会話は、外国のケースに対応するのに役立っています。

We can do legal consultations in English.
Please contact us at inadalo2@true.ocn.ne.jp
(Please make a phone call to remind us that you sent an email. Our phone number is 088-871-3363.)

所在地

車でお越しの方
高知県庁から南へ約220m、周辺の有料駐車場をご利用ください
バスでお越しの方
高知県交通、土佐電鉄ともにバス停「県庁前」下車、南へ約100m
路面電車でお越しの方
土佐電鉄の電停「県庁前」下車、南へ約100m
詳細ページへ